2005年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年01月

≫ EDIT

年末に思う事。

今年もいよいよ 今日で終わりだ~。
なんかどんどん1年が短くなってる気がするよ…;
これってやっぱ歳のせい??

最後に とても辛い事のあった年だったけど
虹の橋から見てるちびこが悲しまないように
ちびこに怒られないように
来年は笑って過ごしたいと思います。

今年も仲良くしてくれた皆様 どうもありがとう~~♪

| etc | 21:55 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

誤解。

お骨のちびこを見て「結構大きいんだな」と思った方もいると思う。
実は私もそう思った。
もっと小さな小さな 手のひらに乗るくらいの箱を想像したけど
両手でしっかり抱える大きさだ。

最初 猫だという事で 葬儀社のSさんは
それこそ 手のひらに乗る位の小さな骨壷を用意していた。
しかしSさんによると
ちびこは「脊椎がとても太くて立派な猫ちゃん」だそうで
わざわざワンサイズ大きな物に替えてくれた。

6kg近くあったけど 骨太だったんだね。
デブデブ言ってごめんよ ちびこ。

ただのデブじゃないのにゃ~。

ちびこがとてもリラックスしてる 私の大好きな写真です。

| ちびこ | 04:08 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

感謝。

たくさんの方から メールを頂いています。
みんなが ちびこのために泣いてくれて
ちびこは こんなにたくさんの人に可愛がってもらってたんだなぁ と
またまた涙がこぼれます。

私への励まし ちびこへの祈り。
本当にありがとう。
文才がなく メールを書くのに時間がかかるので
まだお返事できてない方 ごめんなさい。
どうか気長に 待ってやって下さいまし。m(_ _)m

ところで私の近況ですが
8日以降 少しずつ減っているとは言え 涙の流れない日は無く
お岩さんのようなまぶたが すっかり定着していて
もうこのまま治らないんじゃないかと思える 今日この頃…
開き直って あまり鏡を見ないようにしてたんだけど
昨日 運転免許の更新に行って できた写真を見てボーゼン…
こ、これを5年間使うのか??Σ( ̄□ ̄;

来年あたりお岩さんが治ったら 免許を紛失した事にして
再交付してもらおうと マヂで考えております。

| ちびこ | 23:40 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

免許。

娘その1が今日 無事に車の免許を取得。
自動車保険に 娘の分を追加したら¥25610取られたよ;
がんばってバイトして下さい。(爆)

ママっ子であまえんぼだったちびこは 「運転中だからダメ」って言っても
私に抱っこされたくて 無理矢理ひざの上に来ようとするヤツだった。
助手席の娘に抱かれて 不満そうな顔でこっちを見てるから
「おねえちゃんが免許取って 運転できるようになったら
ママが助手席に乗って ちびこ抱っこしててあげるからね~」
って言ってたのに 間に合わなかったね…。

保育園から家までの ほんの2分だけ
運転席の私のひざで ご満悦だったちびこ。


| ちびこ | 23:53 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

サンタブーツ。

小さなサンタブーツを買ってきました。
もうすぐクリスマスだよ ちびこ。

| ちびこ | 23:55 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

忘れない。

ちびこが虹の橋へお散歩に行ってしまってから 10日が過ぎた。
早いのか長かったのか よくわからない…。

忘れられるわけもないし 忘れたいとも思わない。
いつまでも 可愛いちびこを覚えていたい。

私も娘達も 毎日「ちびこ 行って来るね~」
「ぼっちゃん ただいま~~」と 今までと変わらないけれど
大きな変化は 8年半続いた毎日の保育園への送り迎えがなくなった事。
そのため 朝家を出るのが5分遅くなった。
寒いのに ちびこが外で待ってるんじゃないかと
カッ飛んで帰る必要もなくなった。
それでも 習慣で急いで帰っちゃうけど。

お風呂に入ってる時 いつものぞきに来てたちびこ。
よく娘に「このエロオヤジーー!」って怒られてたね。
のぞきに来てドアが閉まってると 大声で泣き叫ぶので
私はいつも ドアを10cmくらい開けて入ってたんだけど
今もクセで開けて入ってしまう。
そこにちびこの姿は見えないけど きっとのぞいてるんだろうな。

| ちびこ | 23:28 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

永遠に…。

今にも泣き出しそうな どんよりとした空の下…
みんなでちびこを見送った。

可愛いちびこの姿が見えなくなる…
柔らかいちびこに触れられなくなる…

悲しくて さみしくて 本当に辛かったけど
唯一の救いは 葬儀社のSさんがとてもいい人だった事。
初めての経験なので どの程度やってくれるのかもわからず
物のように扱われたらどうしよう…と 不安もあったんだけど
私達が なかなかちびこから離れられずにいるのを
何も言わず せかす事なく ジッと待ってくれて
この冬1番と言われた寒さの中
約1時間 ちびこのそばを離れる事なく ずっと様子を見ていてくれたり
本当にていねいに 人間とまったく同じように接してくれた。
私の時も彼にお願いしたいくらいだ。

Sさん それから今日 ちびこのために祈ってくれた皆様
本当にありがとうございました。

ちびこは小さな箱に入ってしまったけど
いつも私のそばにいてくれます。
ず~っと永遠に一緒にいられるね ちびこ。

| ちびこ | 22:32 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ありがとう。

心配して励ましてくれた皆様 ありがとうございました。
未だに信じられず 悲しくて さみしくて
涙が途切れる事はないけれど…

横を見れば ベッドの中でちびこが眠ってる。
手を伸ばせば ちびこの柔らかい毛に触れられる。
パソコンに向かう時は ひざの上にいる。
眠る時も 私のベッドにいる。

今はまだ ちびこがそばにいるので何とか大丈夫です。

ちびこのために作った『ちびこのおうち』は
閉鎖しようかとも思いましたが
私自身が可愛いちびこに会いたいので このままにさせて下さい。
今後の更新は いつになるか全く未定ですが
今日 元気なちびこの動画を2つupしました。
よかったら見てやって下さい。


明日の午後1時頃
家族でちびこを見送ります。
その時間にちょびっとだけ
ちびこのために祈ってもらえたら うれしいです。


| ちびこ | 22:54 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ドライブ。

ちびこの柔らかい毛をなでながら 朝になった。
娘たちも 夜中に泣きながらベッドに行ったけど
ほとんど眠れなかったみたいだ。
みんなお岩さんのような顔だけど それぞれ会社と学校があり
ひとりぼっちでお留守番はかわいそうなので
ちびこも最後の保育園へ…。
これまたお岩さんのような園長に ちびこを預けて出勤。
さすがに 今日の仕事は辛かったけど
私は5時に仕事を終えて すっ飛んで帰れた。
でも娘たちは学校のあともバイトと塾があり 帰宅は10時を過ぎる。
しかも娘その1は 今日が中間テスト最終日。撃沈…。
でもよくがんばったね。


ドライブが大好きだったちびこ。
1時間でも平気で乗ってたもんね。
信号で止まると 立ち上がって窓から外を見てた。
マックのドライブスルーへ行くと
注文してる私の横から顔を出して お姉さん達をビックリさせてたね。

最後のドライブが 大嫌いな病院じゃかわいそうなので
私がリフォームしたベッドに入り 助手席に乗って
いつものように 一緒に娘たちのお迎えに行った。
まず娘その1をバイト先で拾い 次に娘その2の塾へ。
そのあと あてもなく30分ほどドライブ。
最後に 私がちびこと出会った
『ちびこのふるさと』(通称ちびふる)を通って帰宅。
楽しかったね ちびこ。


| ちびこ | 23:31 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

虹の橋。

今 ちびこは私の横で いつものように気持ち良さそうに眠っています。
でも呼んでもなでても 2度と目を開けてくれる事はありません…。
12月8日 pm7:55
突然 1人で虹の橋へお散歩に行ってしまいました。

本当に突然の事で信じられず ただ泣く事しかできません…。
しばらくHPの更新はお休みさせて頂きます。
いつもちびこを「可愛い~」と言ってくれてた皆様
ありがとうございました。
 


   *** 虹の橋 ***       (作者不明)

天国の一歩手前に『虹の橋』と呼ばれる場所がある。
地上にいる誰かと親しくしていた動物は 死ぬとその『虹の橋』へ行く。
そこには 草地や丘が広がっていて
動物達は一緒になって 走ったり遊んだりすることができる。

たっぷりの食べ物と水 そして日の光に恵まれ
彼らは暖かく 快適に過ごしている。
病気にかかっていたり 歳を取ったりしていた動物達は
ここに来て健康と活力を取り戻し
傷ついたり不具になったりした動物達も 元どおりの丈夫な体を取り戻す。
過ぎ去りし日の夢の中でのように。

動物達は幸せに暮らしているけれど ひとつだけ不満がある。
それぞれにとって特別な誰かが
あとに残してきた誰かがいないのを 寂しく感じているのだ。

動物達は一緒に遊んで 時を過ごしている。
しかしついにある日 そのうちの一匹が足を止めて遠くに目を向ける。
目はきらきらと輝き 体はたまりかねたように小刻みに震えはじめる。
突然 彼はみんなから離れて 緑の草地を跳ぶように走っていく。

そう。あなたを見つけたのだ。

とうとう出会えたあなた達は 抱き合って再会を喜びあう。
もはや二度と別れることはない。

喜びのキスがあなたの顔に降りそそぎ
あなたの両手は 愛する友の頭と体を再び愛撫する。
そして あなたは信頼に溢れたその瞳をもう一度のぞきこむ。
あなたの人生から長いあいだ姿を消していたが
心からは一日たりとも消えたことがない その瞳を。

それからあなた達は 一緒に『虹の橋』を渡るのだ。

 

   *** Rainbow Bridge ***    (Author Unknown)
                 
Just this side of Heaven is a place called Rainbow Bridge.
When an animal dies that has been especially close to someone here,
that pet goes to Rainbow Bridge.
There are meadows and hills for all of our special friends
so they can run and play together.
There is plenty of food, water and sunshine and
our friends are warm and comfortable.

All the animals who had been ill and old are restored
to health and vigor;
those who were hurt or maimed are made whole and strong again,
just as we remember them in our dreams of days and times gone by.
The animals are happy and content, except for one small thing:
they each miss someone very special, someone who was left behind.

They all run and play together,
but the day comes when one suddenly stops and looks into the distance.
His bright eyes are intent; his eager body begins to quiver.
Suddenly, he breaks from the group, flying over the green grass, faster and faster.

You have been spotted, and when you and your special friend finally meet,
you cling together in joyous reunion, never to be parted again.
The happy kisses rain upon your face; your hands again caress the beloved head,
and you look once more into those trusting eyes,
so long gone from your life, but never absent from your heart.

Then you cross the Rainbow Bridge together...

                            

| ちびこ | 23:59 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

お風呂。

寒い1日だった~~ (;´д`)
こんな日は お風呂でゆっくり暖まるに限るねぇ~~♪

私は長風呂が好きで
ホントはいつも2時間くらい のんびり入っていたいんだけど
普段の日は夜 娘達のお迎えがあって お風呂から時計を見ては
「あと10分大丈夫」「あと5分入ってられる」と いつも慌ただしい。
ゆっくり入りてぇーーーっ!

しかし 今日は日曜日。
日曜だけは時間を気にせず のんびり入れる日だ!
「2時間も何してんの?」って よく聞かれるんだけど
大きなコップに山盛りの氷と
古本屋で買った マンガとか雑誌を持ち込めば
2時間なんてあっと言う間だ(笑)
今日は何のマンガ読もうかなぁ?
最近新しいの仕入れてないから 読むのがないよ;

…そうだ!! いい事思いついた(≧∇≦)b


これなら 万一お湯の中に落としても大丈夫。
だいぶレベルアップしたぞ(`m´〃)うししし

| etc | 23:30 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

2005年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年01月